ひとりよがり読書的日記
自称ドM、<いわし>の平々凡々な読書日記。 どうやら本を読み続けないと死んじゃうらしい(そういうのってマグロだっけ?) そんな感じで今日も読書中…
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/06/20(火)   CATEGORY: 未分類
少女は踊る暗い腹の中踊る
こんにちは。<いわし>です。


今日は、岡崎隼人 「少女は踊る暗い腹の中踊る」 (講談社ノベルス)。
第34回メフィスト賞受賞作品です。第1回から考えるとかれこれ長い。
また、帯が受けるんだけど「子供たちのダークサイドを抉る青春ノワールの進化型デビュー!!」
てか「青春ノワール」って何?ただ取り敢えず人ぶっ殺してるだけなんですけど?

明らかに舞城王太郎の「土か煙か」っぽい。舞台も田舎だし(岡山の方ごめんなさい)。あくまでっぽいだけ。ジャワクトラ神も出てこないし、四郎じゃないし(笑)

内容は、主人公(19歳、ひっきー、インポ)の原付に両足のちぎれた赤ちゃんの死体を捨てられて、頭きたから犯人捜してるうちになんかいっぱい人が死んじゃいました。みたいな。
そんな頭悪い文章ですみません。

でも、舞城が未読なら全然読めると思われます。人が無意味に死んで行くのを許容できれば(笑)
本は結構ぶ厚いんですけどスピード感があるのかすぐ読めます。2段組じゃなしね。

仲間内から講談社ノベルス係に任命されてる<いわし>でした。


青春ノワール(笑)度:☆☆☆


少女は踊る暗い腹の中踊る 少女は踊る暗い腹の中踊る
岡崎 隼人 (2006/06/07)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ひとりよがり読書的日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。