ひとりよがり読書的日記
自称ドM、<いわし>の平々凡々な読書日記。 どうやら本を読み続けないと死んじゃうらしい(そういうのってマグロだっけ?) そんな感じで今日も読書中…
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/26(日)   CATEGORY: 読んだ本
ショートソング
めっきり寒くなりました。それでもビールが手放せないのは何故でしょう(笑)。で、めっきりって何?

枡野浩一 「ショートソング」(集英社文庫)。
人気歌人の初長編小説。だそうです。

ハーフで顔がいいけど純情童貞初心者歌人カツオ(19)と、顔はいまいちだけど何故かモテるプレイボーイメガネ男子天才歌人伊賀さん(25)との心の交流を描く青春短歌小説。ここまで書いてて異様に恥ずかしい<いわし>です。

まあ、内容は色々あってすったもんで収まるように収ったようなそんな感じ。(やる気ないなおれ)
登場人物たちが詠む短歌は作者本人(ほんにんってミスタイプしがちですね)のだけではなく他の歌人からもセレクト。
若者らしい瑞々しい短歌ばかりでやや読んでいて恥ずかしさを禁じ得ません。

作中からドキッとした短歌を

痛いのを我慢できない友人が死んでしまった セデス百錠

なつかしい夢しか好きなものがない 
         あなたもはやくなつかしくなれ



五七五七七!!度:☆☆☆☆




ショートソング ショートソング
枡野 浩一 (2006/11)
集英社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ひとりよがり読書的日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。