ひとりよがり読書的日記
自称ドM、<いわし>の平々凡々な読書日記。 どうやら本を読み続けないと死んじゃうらしい(そういうのってマグロだっけ?) そんな感じで今日も読書中…
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/10(金)   CATEGORY: 読んだ本
QED 御霊将門
ついに将門まで辿り着きました。
待ってました!将門!
やや、テンション上がり気味の<いわし>です。


そんなこんなで高田崇文 「QED ventus 御霊将門」(講談社ノベルス)。
作者も「そろそろ殺人事件とかもういいか」ぐらいになってきたのか殺しなしでした(笑)

しかも筑波日帰りツアーでライトな内容に…

前々作から登場の神山禮子さんが登場するもこんだけ出てくるといい加減飽きてきます。しかも次作も登場予定…性格が暗くて付き合いきれなく間違いなく友達としては遠慮したいタイプ(言い過ぎ?)

まあそれよりもご立腹なのは奈々ちゃんですけどね!
タタルに手握られたくらいで傍目に解るほど解りやすいほど嬉しがらないで下さい。まるっきり社会人の女性(しかも専門職)の反応じゃないですよね?
ある友人も言ってましたが「あいつがいなければもっと面白いのに…」と毒を吐いておりました。

内容も書こうかと思いましたがどうでもいいくらい奈々駄目っぷりの為細部まで思い出せません(笑)
結局、「将門って怨霊じゃない」と結論付け大円段で終わってました。
最強怨霊将門と思ってた<いわし>にはやや、物足りない内容でしたね(不謹慎)。


ventusってラテン語で風だって:度☆☆☆(どうでもいい情報だね)


QED ventus 御霊将門 QED ventus 御霊将門
高田 崇史 (2006/10/06)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

noppy | URL | 2006/11/12(日) 18:04 [EDIT]
え、殺しなし!?
それはそれでかなり画期的ですね。
次のステップへ進む為にはやはり思い切って奈々ちゃんの排除を...
将門、真打登場!って感じなのに、あえての怨霊はずし?
うーん早く追いつきたいが、こちらはやっと竹取伝説でーす。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ひとりよがり読書的日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。