ひとりよがり読書的日記
自称ドM、<いわし>の平々凡々な読書日記。 どうやら本を読み続けないと死んじゃうらしい(そういうのってマグロだっけ?) そんな感じで今日も読書中…
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/08(水)   CATEGORY: 読んだ本
サウンドトラック
さぼりすぎでした…

毎日が忙しすぎって言うのは言い訳ですか?そうですよね?その通りです。

でもちゃんと本は読んで来ました(当たり前だ)。
古川日出男 「サウンドトラック 上・下」(集英社)

久々のスピード感?疾走感?読了後にちょっとした酩酊感まで感じました(言い過ぎ?)
何年か前のミステリーチャンネルでその年の1位になってたような記憶があって、当時の<いわし>はまだそこまで作家の枠を広げられないでいました(何故お伽話調?)。
文庫になったんで読んでみましたが、すごいねこれ。
新世紀カタストロフィハルマゲドン小説?(長い)的な。

ヒートアイランド現象で熱帯になってしまった東京。冬は非夏と呼ばれ街は急激に租界化する。純潔の日本人とそうでない人々が対立する近未来。

幼い頃に親を亡くして無人島で暮らす少年と少女トウタとヒツジコ。
アラブストリート、通称レバノンに住むジェンダーレスのレニ。
3人は各々決定的な暴力で熱帯化した東京を破壊つくす……みたいな!

なんだかすごいのよホントに。東京なんだけど東京じゃないイヨーなスラム臭。地下道の隅々に棲む何人かもわからない「傾斜人」。ホントに何年後かに外国人が跋扈するようになりそうですね。ってすでにその兆候も…ヒートアイランドも…


大丈夫かトーキョー?!度:☆☆☆☆☆







サウンドトラック〈上〉 サウンドトラック〈上〉
古川 日出男 (2006/09)
集英社
この商品の詳細を見る

サウンドトラック〈下〉 サウンドトラック〈下〉
古川 日出男 (2006/09)
集英社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
● サウンドトラック
Book Review’S ~本は成長の糧~ 2006/11/15(水) 23:58
サウンドトラック〈上〉 古川 日出男 集英社 2006-09売り上げランキング : 92611おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ★★★★★★☆☆☆☆再開3日目にして早くも、一日一冊の読了が間に合わず。。。なかなか一日に一冊をキープ  [続きを読む]
Copyright © ひとりよがり読書的日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。