ひとりよがり読書的日記
自称ドM、<いわし>の平々凡々な読書日記。 どうやら本を読み続けないと死んじゃうらしい(そういうのってマグロだっけ?) そんな感じで今日も読書中…
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/08/05(土)   CATEGORY: 未分類
GUNSLINGER GIRL 7
今日から長めの夏休みを頂いている<いわし>です。

職場では非難GOGOでしたが…
軽く10日程なんですがいつもより本が読めそうで、ややウキウキしてます。


「ってマンガかよ!!!」とそこのあなた言わないように。
相田裕「GUNSLINGER GIRL 7」(電撃コミックス)です。

所謂、「萌えじゃんる」なんですかね?

舞台は現代のイタリア。「五共和国派」と言われるテロ組織とそれに対抗する政府組織「社会福祉公社」。「公社」では不幸な生い立ちなどから身体に障害を持った少女(重要)を改造、「条件付け」と呼ばれる薬物による洗脳で「義体」として暗殺業務に運用する……みたいな?肩凝る説明だとこんな感じなんだけど6巻から登場の第2世代「義体」のペトルーシュカの新たな活躍と久々主演で登場クラエスとトリエラ。
ジャン、ジョゼ兄弟(女の子は大概この兄弟が好きだろう)の明かされる過去みたいなのもあり中々楽しめましたよ。

昔ほど悲壮感みたいなものが薄れてきた感がありやや物足りないものの(新担当官のアレッサンドロの軽さぶりが……)<いわし>的には「義体」にはみんなには幸せになって欲しいと願っているので(ただ盲目的に命令に従う「彼女」たちはあまりに不憫)OKかな?

饒舌すぎか?


まだタバコに慣れません度:☆☆☆

GUNSLINGER GIRL 7 GUNSLINGER GIRL 7
相田 裕 (2006/07/27)
角川(メディアワークス)

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
● 【GUNSLINGER_GIRL】
このマンガが読みたい! 2007/02/23(金) 03:58
GUNSLINGER_GIRL『GUNSLINGER GIRL』(ガンスリンガー・ガール、略称ガンスリ)は、メディアワークスの雑誌『月刊コミック電撃大王』に連載されている、相田裕の漫画。または、これを原作とするテレビアニメ・ドラマCD・コンピュータゲーム作品。.wikilis{font-size:1  [続きを読む]
Copyright © ひとりよがり読書的日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。