ひとりよがり読書的日記
自称ドM、<いわし>の平々凡々な読書日記。 どうやら本を読み続けないと死んじゃうらしい(そういうのってマグロだっけ?) そんな感じで今日も読書中…
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/08/01(火)   CATEGORY: 未分類
彼女はたぶん魔法を使う
そこはかとなく日頃事件の少ない<いわし>です。

ペルソナ三昧ですよ……
タルタロス(不思議のダンジョンみたいなやつ?)に昇る毎日。
同級生とか先輩、後輩はてはまた近所の子供とか古本屋の爺婆とかと仲良くなっていくと対応するペルソナの種族がレベルアップしていく仕組み。
期間が1年間あるのでいろんなイベントがあって楽しすぎです。


とはともあれ今日はこれ。
樋口有介 「彼女はたぶん魔法を使う」(創元推理文庫)。
「柚木草平シリーズ」らしいが今まで未読でした。講談社の方から刊行されたものを東京創元社でリニューアル。携帯もない時代(16年前)で、お店の公衆電話から自宅に掛けて「留守か」ってそりゃそうだよとツッコミながら少し懐かしい気持ちに。

タイトルが可愛いので購入。

まあ、所謂、元刑事にして現フリーライターの柚木草平(38)―結構歳いってるね―がひき逃げ事件の調査をするみたいな橋にも棒にもかからないありきたりな内容なんだけど、柚木の度を越えた女好き(殆んど病気なのは本人も自覚)なキャラクタが本作、ひいては本シリーズの肝。
出てくる女性には片っ端から声を掛け(笑)少なくとも何らかの好意は女性から持たれているしがない中年、柚木。
別居中の妻、10歳になる娘、そして現在の恋人の元上司のエリートキャリアの人妻。 
華麗すぎます。実社会で受け入れられますかね?こんな人。あ、だから刑事やめたのか(笑)。
あっちの創平君にも頑張って欲しいものです。


彼女の魔法って……あんたも充分魔法使ってますよ度:☆☆☆

彼女はたぶん魔法を使う 彼女はたぶん魔法を使う
樋口 有介 (2006/07/22)
東京創元社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

noppy | URL | 2006/08/11(金) 03:08 [EDIT]
ハローいわしさん
読了しましたー
いつの間にか柚木草平が年下になっていて、月日の流れをひしひしと感じている次第です。よよよ
”出会う女性は美女ばかり”かもしれんが、あんましいい女はいないなーと思うのはやっかみか。
わたくしは冴子さんがいっとう好きかな。
いわしさんは如何でしょうか?

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ひとりよがり読書的日記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。